S house & apartment

所在地 :神奈川県川崎市
主要用途:共同住宅
竣工  :2019年2月
敷地面積:759.72u
建築面積:328.45u
延床面積:731.18u
規模  :地上3階
構造  :RC造
構造設計:鈴木啓/A.S.A
照明設計:内藤真理子/コモレビデザイン
施工  :北芝建設
写真  :鳥村剛一
担当  :瀧波龍太郎


幹線道路から一本裏手の道路に面したオーナー住戸兼共同住宅。
幹線道路沿いの大きなボリュームの共同住宅や店舗と、その背後の一戸建て住居の多い住宅地との境界線上に建つことから、 計画建物は少し小さく分割された住戸ブロックが集まったような立面とすることで、 周囲の大小のボリューム群の間を調停するような建ち方と風景をめざしている。

住戸ブロックには大小様々なサイズがあり、それらを2つないし3つを組み合わせることで1つの住戸となっていることと、 建物を貫通する2つの中庭があることで、すべて異なるタイプの住戸となっている。

2階レベルの道路に接する北側背面には、メインエントランスと各階をつなぐ螺旋状のスロープをつくり、 その中央は住人同士が交流できるスペースとなっている。

↑ pagetop