ksge house

所在地 :神奈川県鎌倉市
主要用途:住宅
計画  :2009年
延床面積:240u
規模  :地上3階





海を望む崖上の住宅の計画。
海に対して斜めにねじれた崖面、背面の林、周囲の建造物の配置などを考慮しつつ、立体的にスラブ面が浮かぶような空間を提案。単に海を正面に抱くだけの風景のみでなく、海岸線とその脇の町並みを望める場所、緑に囲まれる場所、唯々空を望める場所など、見える風景は劇的に変化するような建築としている。
屋上庭園が要望としてあったが、地形的に風が強く一般的なつくりではおとなしい緑地にしかならず、圧倒的な風景に完全に負ける。そこでスラブを支える構造体をHPシェル状のコアとし、その上部約半層分を巨大な植木鉢にすることで一定以上の大きさの木を植え込めるようにした。建物に「飼われた」緑であることは変わりはないが、新しい緑と建物の存在の仕方・関係を模索している。








↑ pagetop